修羅場中の珍事【30】 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1271919251/

719: スペースNo.な-74 2010/08/27(金) 21:29:42
朝7時から朝食抜きで原稿やって、12時すぎに腹が減って冷凍していた食パンを食べようと思った 
そうしたらオーブンレンジが反抗期を起こして食パンを焼いてくれなかった 
しかも炊けている米はゼロ(しかし米自体はある)カップ麺や昨日の残り物もなし 
どうするか腹減ったな外出たくないな我慢するか、と原稿に戻る 
しかし14時過ぎに限界が訪れ、1時間ほど買い物に行くか悩んで台所に行くとジャガイモが目に入った 
粉吹き芋作って塩かけて食べて満足! 

という修羅場を過ごしたのがつい最近のこと 
冷静になってみればさっさと米炊けよとか、戸棚の中にパスタもミートソースもあったし冷凍したハンバーグもあった 
何よりアパートから徒歩5分くらいのところにファミレスもファーストフード店もコンビニもスーパーもある 
修羅場のことを伏せて親に話したら馬鹿にされたけど否定できなかった





720: スペースNo.な-74 2010/08/31(火) 15:44:53
>>719
乙。
血糖値が下がり過ぎると、平常時なら普通にできる判断が
できなくなったりするからね。
過剰なダイエットで死亡した例なんかでも、「このままでは生命に
危険が及ぶかも」という判断ができなくなってるんだそうだ。
その話を聞いてから、修羅場前には必ず「すぐ食べられる食料を複数」
備蓄するようになった。

721: スペースNo.な-74 2010/08/31(火) 16:22:00
餌を溜め込むタイプなのでインスタントなら揃ってる
缶詰とかもいいよね
とにかくすぐ食べれる